自分でできる骨盤矯正ストレッチの方法

自分で自宅でできる骨盤矯正ストレッチの方法を4つ紹介します。
初めは難易度の低い骨盤ストレッチの方法から掲載しています。
最後の骨盤ストレッチが一番きつい方法になります。

 

骨盤矯正ストレッチはゆっくりとリラックスし、自分のペースで行いましょう。
体に痛みがある場合やストレッチの途中で体が痛み出したら骨盤ストレッチをいったん止めましょう。
正しいやり方で無理をせず行ってください。

 

骨盤回し

フラフープを回すのと同じように腰を回すだけの簡単な骨盤矯正ストレッチ方法です。
腰は常に床と水平になるようにします。
骨盤がゆがんでいると腰がスムーズに回りませんので骨盤がゆがんでいるかチェックしてみましょう。腰痛防止にも効果的ですが力ずくで腰を回さずゆっくりできるペースで行います。
20回〜30回行います。

 

1) つま先はまっすぐ前に向けます
2)両足を肩幅に広げて立ち、腰に手をあてます
3.)視線はまっすぐ前を向き、上半身は固定したまま右に腰を回します
4)次は左に腰を回します

 

股関節の骨盤矯正ストレッチ

固まった股関節を回すことで全身の血液循環を良くします。
右回し、左回しを10回〜20回行います。
1)床(平らな場所)に仰向け or 立って行います。
立ってやる骨盤矯正ストレッチのほうが少し難易度が高くなります。
立って行う場合は姿勢が前傾しないようにまっすぐに立って股関節周りの骨盤矯正ストレッチを行いましょう。

 

2)両膝を胸側に引き寄せます
立って行う場合は片方ずつ行います。

 

3)右手は右ひざ、左手は左ひざに置きます
4)円を描くように回します。

 

骨盤を内側に入れる矯正ストレッチ

1)仰向けに寝て膝を立てます
2)立てた膝をを内側に入れます
左右の市の付け根からひざが内側に向いてくっつくイメージです。
この時膝から下はM時に折れてかかとやつま先は外側に向いています

 

3)内側に入った脚の付け根から膝まではなるべく床につけるようにします
腰が反り返らないように注意して行います
首は力を抜き上半身〜膝までは床についている状態が理想です

 

4)ゆっくり深呼吸しながら行うのがコツです。

 

お尻、腰、お腹の骨盤矯正ストレッチ

お腹から腰、お尻、裏モモにかけてのストレッチです。ゆっくりリラックスしながら行います。
数回繰り返します。
1)床(平らな場所)に仰向けになります
2)右ひざを胸側に引き寄せます
3)右足を左側に倒します
この時右手を右方向に伸ばし右肩は床から浮かないようにし右側に引っ張ります。
伸びている左足は膝裏が浮かないようにキープします。
左側に倒した脚は左の床側にゆっくりと深呼吸しながら引っ張ります。
ちょうどおなかを意識して右手と右足が逆サイドに引っ張り合いっこしている感じにします
4)10秒〜20秒ゆっくり呼吸をしたら反対側も同じように行います。

 

骨盤を正しい位置にキープしインナーマッスルを鍛える骨盤矯正ストレッチ

結構、きついです。
インナーマッスルを鍛えるためのものになります。インナーマッスルを鍛えることで骨盤を正常な位置に戻していきます。

 

1) 足をまっすぐ伸ばし、床(平らな場所)に座ります
2)手は胸の前でで交差します。
3) その姿勢でお尻を右、左と交互に出して前に進んだり後ろに下がることを繰り返します。(約2分〜3分)
この時腰をできるだけひねることを意識します。
4) 1〜3が終わったら両手を上に上げた状態で3を行ってみましょう。(約2分〜3分)

 

 

自分できる骨盤矯正ストレッチのやりかたはいかがでしたでしょうか?
正しいやり方で継続することで骨盤矯正効果が期待できるストレッチ方法ですので試してみるのも良いでしょう。