ラルフィン骨盤ガードルvsシェイプビクトリー【太もも痩せ効果の比較】

ラルフィン骨盤ガードルとシェイプビクトリー、太もも痩せにはどちらが効果的なのか分からなくて悩んでいます。

 

という相談が非常に多いのでラルフィン骨盤ガードルとシェイプビクトリーの太ももも痩せに効果的なのがどっちか比較記事を書きました。

 

お役に立てると嬉しいです。

 

ラルフィン骨盤ガードルもシェイプビクトリーも両方履いたことのある私の個人的な意見としては、

 

ガードル初心者や履きやすさを求めるならラルフィン骨盤ガードル、きつめでも頑張って早く効果を出したいならシェイプビクトリーかなと思います。

 

薄着の季節が近づき、みんな焦っているようで最近ではラルフィン骨盤ガードルよりもシェイプビクトリーのほうが売れています。

 

これだけでは皆さんの判断基準にならないと思いますのでもう少し詳しくラルフィン骨盤ガードルとシェイプビクトリーを比較していきますね。

 

 

ガードルのサイズと締め付け感の比較

 

まずは、サイズが合わないとどうしようもないのでラルフィン骨盤ガードルとシェイプビクトリーのサイズ比較と締付け感の比較をします。

 

 

ラルフィン骨盤ガードルとシェイプビクトリーのサイズの違い

シェイプビクトリー(Shape Victory)はワンサイズ展開でラルフィン骨盤ガードルのM/Lサイズと同じくらいのサイズ感になります。

 

標準〜ちょっとポッチャリの方用のサイズになります。

 

ラルフィンガードル(ラファエル)は2サイズ展開なので自分の体に合ったガードルのサイズを選びやすいと言えます。

 

表のサイズ1は通常の洋服サイズの場合はS〜Lサイズ、7号〜11号サイズに該当します。

 

表のサイズ2は、LL〜3L、11号がギリギリ入るかな位から15号程度のサイズになります。

 

ただし骨盤ガードルや着圧スパッツは、加圧や伸縮性が高いため履き始めはちょっときついなと違和感を感じるかたも少なからずいます。

 

私は、11号や13号サイズの洋服を着ることが多かったので、ラルフィンガードルのサイズ2(XL/XXL)を始めは使いました。

 

だいぶ痩せたなと思ったのでもっと痩せる効果が欲しいと次に購入したのはシェイプビクトリーでした。

 

ラルフィン骨盤ガードルあるいはシェイプビクトリーを購入前にはご自身のサイズを測定してからの注文をおすすめします。

 

  ラルフィン骨盤ガードル シェイプビクトリー
サイズ 2サイズ展開 ワンサイズ展開
サイズ1 M/L(身長155cm〜170cm、ウエスト59cm〜75cm) ウェスト64〜77cm、ヒップ87〜100cm
サイズ2 XL/XXL(身長160cm〜175cm、ウエスト75cm〜95cm) 設定なし

 

 

ガードルの締め付け感は?

 

締付け感が少ないのはラルフィン骨盤ガードルです。
ガードルを始めて履く方でも履きやすいです。
しかし、加圧効果はきちんとあり骨盤補正効果や高いダイエット効果が期待できます。

 

シェイプビクトリー(Shape Victory)はハードガードルではないですが、同じくらいのサイズでも加圧力がラルフィン骨盤ガードルよりも高めです。

 

なのでガードルに少し慣れている方や締付け感が多少あっても下半身痩せを可能な限り早く達成したいと思うかたに最適です。

 

ラルフィン骨盤ガードルで締め付け感に慣れた後にシェイプビクトリー(Shape Victory)を購入するのも良いかもしれません。

 

 

ラルフィンガードルとシェイプビクトリーの 痩せる効果と特徴比較

ラルフィン骨盤ガードル(ラファエル)とシェイプビクトリー(Shape Victory)が体のどこに効果があるかと商品の特徴をまとめました。

 

両方とも下半身痩せには定評があり、アウターに響かないのでダイエットをしているとばれない生地になっています。

 

私が履いた感じでは太ももの隙間を作りたい場合は、シェイプビクトリーのほうが効果が高く早い段階で効果が出ました

 

ラルフィン骨盤ガードルは太ももまで生地がないのが、シェイプビクトリーよりも太もも痩せの効果が少ないというのが理由です。

 

 

  ラルフィン骨盤ガードル シェイプビクトリー
期待できる効果 ウエストシェイプ、下腹部引き締め、ヒップアップ、太もも引き締め、美脚効果、O脚改善、X脚改善、冷え性改善、腰痛改善、便秘改善、姿勢矯正*期待できる効果には履く頻度や時間も兼ね個人差があります*
履き心地 柔らかい生地で伸縮性と加圧力が高い。ガードルが初めてでも取り入れやすい。 柔らかい生地で伸縮性あり。ラルフィンガードルよりも加圧力が高い。
デザイン性 裾に可愛いフラワーレース付き。 シームレスで格好良い。
生地感 しっかりした生地だが厚ぼったくないためアウターに響きにくい。
丈の長さ ハイウエストタイプでお尻の下まで生地が包み込む。 ハイウエストタイプで太ももまで生地がきます。

 

 

骨盤ガードルの履き方、注意点、呼び方について

 

ラルフィン骨盤ガードル(ラファエル)とシェイプビクトリー(Shape Victory)はいつ履くのか、注意点をまとめました。

 

ガードルはいつ履いたら良い?

ラルフィン骨盤ガードルもシェイプビクトリーも基本的にはいつ履いても問題ありません。履き始めは、加圧力に慣れるため体調や様子を見ながら少しづつ慣らしていきます。
睡眠時にガードルを履いても大丈夫です。
履くときや脱ぐときに爪で生地を傷つけないように気をつけましょう。

 

 

注意点

 

インナーの1種なのでほとんど起こりませんが、ガードルを履いて赤み、かゆみなど皮膚湿疹が出た場合はすぐに使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

 

ガードルを履いて気分が悪くなったり体調が悪くなった場合は履くのを中止するか、ガードルを短時間から履いて慣れることをしましょう。

 

ガードルを履いたからと言って暴飲暴食はご法度。

 

痩せる効果をさらに高めたいならば、夜遅い食事や食べすぎには気をつけましょう。

 

軽い運動やストレッチを加えると代謝がさらに良くなり痩せる効果が早めに期待できます。

 

 

骨盤ガードル?着圧スパッツ?呼び方はどっち?

ラルフィン(骨盤)ガードルとシェイプビクトリー(Shape Victory)は、呼び名は違いますが両方とも骨盤補正に焦点を当てた商品です。

 

ゆがんだ骨盤、開いた骨盤を正常な位置に戻し、太もも痩せやダイエット効果を高めるインナーです。

 

なので骨盤ガードルでも着圧スパッツでも呼び方にこだわりはありません。

 

 

骨盤ガードルの値段を比較

シェイプビクトリー(Shape Victory)とラルフィン骨盤ガードル(ラファエル)の値段を比べました。
全体的にシェイプビクトリー(Shape Victory)のほうが値段は安いです。

 

しかし、痩せる効果は値段では測れません。

 

また、太もも痩せへの効果はもちろんのこと、毎日履くものなのでサイズ、デザイン、見た目、履きやすさなどを考慮し自分が気に入ったガードルを選びましょう

 

 

  ラルフィンガードル シェイプビクトリー
値段 1枚 3,980円+送料+手数料 2,980円+送料+手数料
値段 3枚 11,940円 8,940円
値段 5枚 19,900円(1枚特典付で計6枚) 14,900円

 

 

ラルフィンガードルとシェイプビクトリーの太もも痩せの効果比較まとめ

 

ラルフィン骨盤ガードルは、シェイプビクトリーよりも価格は若干高めです。

 

履き心地は、ラルフィン骨盤ガードルのほうがあたりが柔らかくガードルは初めてというかたも身に着けやすいです。

 

シェイプビクトリーは太ももが加圧されるのと加圧力がラルフィン骨盤ガードルよりも強めなのでガードルに少し慣れている方向けです。

 

ただし、春から夏にかけ露出が増えるシーズンですので、早く太もも痩せの効果を期待します!というかたは断然シェイプビクトリーです

 

太もも痩せの効果は緩やかでもデザインや見た目を重視ならばラルフィン骨盤ガードルです。

 

シェイプビクトリーはかなり本格的な骨盤ガードルの部類なので早めにがっつり痩せる効果を期待している方に良いです。

 

 

ラルフィン骨盤ガードル(ラファエル,Raphaell)もシェイプビクトリー(Shape Victory)もどちらも太もも痩せの効果の高いガードル(着圧スパッツ)です。

 

値段、サイズ、デザイン、加圧効果、太ももが痩せる効果など総合的に見て、自分の気に入った骨盤ガードル(着圧スパッツ)を選びましょう。

 

薄着の季節が本格的にくる前に太もも痩せを実現しちゃいましょう!

 

 

>>ラルフィン骨盤ガードルの通販サイトはココをタップ<<

 

 

>>シェイプビクトリーの公式サイトはココをタップ<<

 

 

 

☆太もも痩せに効果的な骨盤ガードルのランキングもチェック!☆

太もも痩せ骨盤ガードルの効果ランキング!